マタニティ下着・ウェアメーカー アビックス

妊娠・出産用語

子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)
受精卵が子宮以外の場所で着床してしまうこと。もっとも多くみられるのは卵管の途中で着床してしまう卵管妊娠です。放っておくと卵管破裂を引き起こすこともあり、今後の妊娠にも差し支えるので出血や下腹部が痛むなどの症状があった時は急いで受診を。
切迫早産(せっぱくそうざん)
妊娠22週から36週の間に赤ちゃんが生まれることを「早産」といい、「切迫早産」はその手前をいいます。多胎妊娠や妊娠中毒症、子宮筋腫などの合併症、感染症などの原因が考えられます。出血やお腹の張り、痛みなどの兆候がある場合は急いで病院へ。適切な処置を施すことで、早産をくい止めることができます。
前置胎盤(ぜんちたいばん)
通常、子宮底部(子宮口と反対側の底)から体部(子宮口から子宮底までの間)につくはずの胎盤が子宮の入り口をふさぐ形でついている状態。胎盤が完全に子宮口をふさいでいるものを「全前置胎盤」といい、一部をふさいでいるものを「部分前置胎盤」、胎盤の下の縁が子宮口に少しかかっているものを「辺縁前置胎盤」と言います。その程度によって、お産の対応が異なり、「全前置胎盤」の場合は、ほぼ、帝王切開になります。
回旋異常(かいせんいじょう)
赤ちゃんは狭い産道を、骨盤のカーブに合わせてからだを回旋しながら下りてきます。この回旋が正常どおりいかない状態をさします。お産が止まったり、微弱陣痛となりお産が長引くこともあります。この場合、陣痛促進剤の投与などで、陣痛を強めてお産がすすむようにしますが、あまりにお産が長引いたり、胎児の状態が悪くなったりすると帝王切開や吸引分娩になったりします。
おしるし
少量の血が混じったおりもののこと。お産が近くなると、子宮口が開きはじめたり、子宮が収縮して卵膜が子宮から少し剥がれ始めたりして、出血することがあります。このおしるしがあると、数日以内に陣痛が始まると言われ、お産が始まるサインのひとつに挙げられます。
会陰切開(えいんせっかい)
出産時、赤ちゃんが出てくるときに、会陰(膣の出口と肛門の間のところ)が十分に伸びていないと肛門や直腸まで裂傷をおこすことがあります。そうした危険性のあるときには必要に応じて、ハサミで会陰を切ることをいいます。切開する方向によって、正中切開、正中側切開、側切開の3種があります。
前駆陣痛(ぜんくじんつう)
陣痛かと思ったのに、不規則で強くなったり弱くなったりして結局は痛みが遠のいてしまうこと。痛みが規則的になって、痛みがだんだん強くなるようなら本物の「陣痛」ですが、「これは陣痛?」と迷うような痛みの場合は、ほとんどが「前駆陣痛」で、次第におさまります。
破水(はすい)
破水とは、胎児を包んでる卵膜が破れて羊水が母体外へと流れ出ること。ほとんどは陣痛がピークにさしかかった頃起こりますが、陣痛が始まる前に破水することがあり、これを「前期破水」といいます。これがお産の始まりになる人もいて、前期破水すると間もなく陣痛が始まります。急いで病院へ。この場合はお風呂に入ってはいけません。
後陣痛(あとじんつう)
分娩後、赤ちゃんが子宮内から出て行くと、子宮は急激に元の大きさ(ニワトリの卵くらい)に戻ろうと収縮を始めます。そのため、産後2-3日は陣痛のような痛みがあります。これを後陣痛といいます。
安定期
つわりなどの症状や、流産の発生率が少なくなり、妊婦さんの体調が安定してくる時期のことです。胎盤が完成する16週以降をさすことが多いようです。
妊娠線
お腹が大きくなり始める6カ月頃から出始めます。妊娠してお腹が大きくなってくると、表皮は伸びることができますが、その下の真皮や皮下組織の一部が伸びにくいため、弾性線維に亀裂が生じることによっておこります。早めにケアを始めていれば、肌に妊娠線が必要以上に増えることを防げます。妊娠線はできてしまうと、なかなか消せないものです。体重増加によってできた妊娠線も、痩せたからと言って消えるものではありません。予防を怠って妊娠線ができてからでは遅いので、早めにケアをはじめましょう。
胎盤機能不全
胎盤の動きがうまくいかなくなる状態のことをいいます。妊娠中期から起こることもあります。胎盤の機能が低下し赤ちゃんへ十分な栄養や酸素が届かなくなる為、陣痛促進剤を投与し、出来るだけ早く分娩を終えるようにしますが、胎児の状態が悪化すれば帝王切開となる場合があります。
常位胎盤早期剥離
正常な位置にある胎盤が、妊娠の途中で、何らかの原因により、赤ちゃんが生まれる前に子宮壁から剥離する病気のことです。赤ちゃんへの酸素の供給が妨げられるため、生死にかかわる重大な事態が生じます。また出血が多いとお母さん自身も生命の危険にさらされます。それほど重大な病気ですが、残念ながらその原因はまだよくわかっていません。
低出生体重児
体重が2500g未満の赤ちゃんを低出生体重児といいます。そのうち、1500g未満を極低出生体重児、1000g未満を超低出生体重児と呼ぶそうです。昔は早く生まれたり、小さく生まれたりした赤ちゃんを、おおまかに未熟児と呼んでいましたが、現在は出生体重、在胎妊娠週数、胎児の発育などによってこまかく分けています。赤ちゃんが小さく生まれる原因はさまざまですが、母体側の原因としては、妊娠中のお母さんの感染症や妊娠高血圧症候群、前置胎盤、常位胎盤早期剥離などがあげられます。赤ちゃん側の原因としては、多胎や赤ちゃんの先天性の病気がある場合などがあります。
初乳
産後1週間くらいの間に出る、黄色みかかった母乳のことをいいます。 赤ちゃんにとって必要な栄養素や、抵抗力のない赤ちゃんを病気から守る免疫物質が豊富に含まれています。

↑ TOP